プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、宮崎の口蹄疫・タオルとか
毎日のようにニュースで取り上げられている宮崎の口蹄疫被害ですが、
種牛49頭についても殺処分を決めたと昨日知事が会見していました。
そしてその中の2頭についに口蹄疫の発症と見られる症状が出たそうです。

**********************************

「種雄牛49頭殺処分へ」

2010年05月28日
東国原知事は28日、殺処分対象となりながら経過観察していた県家畜改良事業団(高鍋町)
の種雄牛49頭のうち2頭から、発熱や水ほうができるなど口蹄(こうてい)
疫特有の症状が出たことを県議会の全員協議会で明らかにした。 
その上で知事は49頭について「近日中に殺処分することになる」とした。

記事はこちら


*********************************

非常に残念ですが、やむを得ないことだと思います。
エース級の種牛5等は隔離飼育されていて、今のところ検査では
陰性だとのことで、さらに検査して感染が確認されなければ、
「助かる」可能性が出てきました。

私は畜産のことは全く知りませんでしたが、いろんなところで情報を
集めているうちに、種牛がいかに貴重で、畜産にかかわる人たちの
努力の結晶であるかということがだんだんわかってきました。

では他の牛や豚はどうなのかというと、人間に食べられて、血となり
肉となることによって、彼らの一生は意義のあるものになるのだと
ある意味人間の勝手な理屈ではありますが、私はそう理解しています。
だから、そうなることなく死んでいった何万頭の豚や牛たちのことを
思うと、本当に無駄死にだったのかと悔しくてなりません。

ところで、この殺処分の作業をしている方たちは毎日毎日汗だくに
なって何時間も辛い作業をしていらっしゃるのですが、
その方達が作業が終わったあとに使うタオルは、全て使い捨てとなります。
そのタオルが足りないという現場の声を聞いて、複数の方がボランティア
としてタオルを収集し、使いやすいように仕分けして現場に運んで
いらっしゃいます。

その方のブログはこちらです。
踊る宮崎大捜査線

現地にボランティアに行くことができませんので、私は過日
2回に分けて、別のところですがタオルを送りました。

今、二次募集をしているので、もしもおうちにタオルがありましたら
ぜひご協力をお願いいたします。
あと二ヶ月は作業が続くそうですが、これから梅雨に入ると(九州は
早いので)タオルがもっと必要になると思います。

どんなタオルがいいのか、どうやって送ればいいのかなどはこちらで。

動画で詳しく説明してあります。

もしもこのウィルスが形を変えてさらに感染力の強いものになる
可能性はゼロではないので、遠く離れているから大丈夫とは
言えないと思います。
人ごとではなく、この危機的な状況を一刻も早く終息に向かうように
多くの方にこのことを知っていただきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。