プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ白になりました
今年に入って一度も更新しておりませんでした。
皆元気にしています。

犬の口の中の画像が出てきますので、苦手な方は写真をクリックしないでくださいね。


DSC03013.jpg


カスターの口の中に異変がおきたのが一ヶ月半ほど前のこと。
歯茎になにやら赤く腫れあがった箇所を発見し、しばらく様子をみていたのですが
やはりこれは病理検査をしなければ決着がつかないということになりました。
見たところではビターにできたメラノーマ(悪性黒色腫)とはちょっと違うとは思いましたが
獣医さんの見立てでも、歯根の炎症によるものかもしれないとのこと
それならば歯石除去&抜歯が治療になるので、迷うことなくお願いしました。

事前の診察で「徐脈です。」と言われたので、心臓のエコーや心電図まで撮りました。
血液検査も異常なしだったので、手術へGO!

午前中に預けて、6時過ぎには迎えに行くはずなのに全然連絡がない。
かなり心配になったのでこちらから電話しようとした矢先に「終わりました」。
どうやら3本も抜歯したので時間がかかったらしいです。

DSC03053.jpg


カスターはおかげでピッカピカの歯になりました。
が、半分削れてるのは治しようがない。
問題なのは歯の内側まで歯髄が見えていること。
ここまでの子は見たことないと獣医のセンセに言われました。
おもちゃのレベルではないかた~い物をずっとカミカミしてたと思われます。
ホントにあなたはどういう生活をしてたのかしらねえ。(聞いても答えてくれないけど)

病理検査の結果は問題なしでした。

『慢性歯肉炎を伴う線維性過形成の所見が見られます。
 線維性エプリスとも診断される非腫瘍性の病変であり、
 通常起始部からの切除により再発は見られないものと考えられます。』

ああ、良かった。
悪性じゃなくて。

そして、ア〇コムの保険に入ってて良かった。

今は毎日歯磨き(ガーゼで歯をふきまくる)をやっているのは言うまでもありません。

皆さん、歯は大事ですよ!

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。