プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わりですね
DSC01742a.jpg
毎年思うことは「今年もホントにいろいろあったなあ」。
それは今年も同じことですが、
特に今年はビターとの悲しい別れがあったので一生忘れることのない年でした。

そしてもう二度と犬を飼うことはない!と強く思っていたのはホンのわずかの間。
あっという間にカスターがうちに来て、気がつけばもう半年以上一緒に暮らしています。
頭の片隅にはまた同じ思いをする日が来るということはあるのですが
今はこのカスターと少しでも楽しい時間をたくさん共有したいといいうことだけです。
長生きしてね。

そしてお願いだから、ボールへの執着を少し減らしてくれるとありがたいんだけど。


今年も辺鄙なブログに来ていただいてありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト
映画のこと
最近気になっていたのが、プロフィールに書いてあることと
ブログの内容がずれてるということ。

数年前までは月に2回は映画館に行ってたのになあ。
最近映画館に行ってないなあ。
ああ、映画館の大きいスクリーンで集中して映画を見たい!!

今年見たかった映画

最強のふたり

この映画、最初は限られた映画館でしかやっていなかったのに
面白かったから観客動員数が増えて、再上映した映画館が増えた。
ああ、これホントに見たかった。
もう一番近いみなとみらいではやってない。
遠いところに行けばいいんだけど。。。。



そしてこれからぜひ見たい映画

愛について、ある土曜日の面会室

  と

拝啓愛しています


「愛について。。。。」の方はもしかしたら単館上映かもしれない。
ちょっとマニアックすぎるかしらん。

でも、「拝啓。。。」の方は上映館が増える可能性大。
韓国の映画ってこういうたぐいのは完成度が高いんですよねえ。
日本の映画もがんばってるけど、ちょっとまだかなわないかなあ。

来年は映画館に行くぞ!




「はじめまして」のプレゼント
今日はうれしいサプライズがありました。
友人から宅配便が届いて、何だろうと開けてみると

DSC02994.jpg

手作りのパンとお菓子が入っていました。
メッセージカードには『カスターに「はじめまして」のプレゼントです』
と書かれていました。

パンはニンゲン用と犬用がありました。
すぐに味見したら、すんごくおいしい!!
以前から彼女のパン、お菓子作りの腕前はプロ級だと思っていましたが
やっぱりその通りだった。


DSC02995.jpg


犬用はこちらです。
もちろん犬用のパンも試食しました。
カスターに全部食べさせるのはちょっともったいないけど
カスターへのプレゼントなので、ニンゲンは少しだけ味見程度に我慢。
一回分を食べやすい大きさに切っておやつ専用の小瓶に入れて、あとは冷凍しました。
上の写真の赤い紙の上に乗っている細長いのも、犬用です。(味見してわかりました)

うれしいなあ。
明日の朝が楽しみ。
そしてオヤツも楽しみ。(私が)
シュトーレンはもう少し先の楽しみ。(赤い紙に包んである)

いつもありがとう。
いつかカスターと遊んでくださいね。

ところで、今日はしつけ教室の日でした。
またもや雨の寒い日で、飼い主さん達が体調不良の方が多く、今日も2頭だけとなり
後半またもや病院のゴールデン君が投入されました。
その様子は後日。

前回の宿題だった、食餌中に食器に手を入れても大丈夫なように、
というのをやってみました。
すんなり成功です。

DSC02989.jpg

最近困ったなあと思っていたのが、要求咆え。
まず矯正しやすいだろうと思ったのが、ゴハンの用意をしている時。
最近はとびついたり咆えたりするのが当たり前になっていたので
これからやめさせようと思い、トレーナーのセンセに教えてもらったようにやってみました。

フードの入った容器を棚から出した時点で咆えたり飛びついたりしたら、その場で中断し
私は部屋から出て行きます。
おさまったかなと思った頃、またフードを出して同じように咆えたらまた中断。
それを2週間くらい繰り返していたら、今日は初めて咆えることなく、お座りの状態で
私がゴハンを用意するのをカスターは静かに見ていました。
もちろん思いっきり褒めてやりました。
やればできるじゃん、カスター。
後はボールやディスクを見て興奮するのをトーンダウンできるかなあ。

カスター怒る
今日は2回目のしつけ教室でした。
冷たい雨が降る中、教室が開催される動物病院へ行くと
今日の参加者(犬)は2頭のみ。
皆さん風邪ひいたとか犬が具合悪いとかで、カスターのほかには今回だけの参加の
柴犬、4か月。。。。。最強です(笑)


2012121513550000.jpg

ハッチャケ柴犬パピーにあちゃあと思っていたら、パピークラスを卒業したとのことで
これでもだいぶ落ち着いてきたとのお言葉。


大興奮が収まったところで、初対面のご挨拶をば

2012121513400000.jpg

カスター、思いっきり臭い取られて追い回されて、挙句はマウントされそうに。
すると、怒りました!!
牙剥いて怖い顔して咆えました。
初めて見たカスターの怒った顔。
でも威嚇だけで襲ったりはしなかった。

直後に、トレーナーのセンセや看護士さんたちから
「カスター君、偉いねえ。ちゃんと『嫌だ!』って言えたじゃないの」と誉められました。
いつも我慢ばかりしなくていいんだよね。
喧嘩にならない程度に、特にパピーには教育的指導は大切だと私も思います。

ターゲットがカスターだけじゃ気の毒だということで、急遽病院のワンちゃん
ゴールデン♂君が投入されました。


2012121513500000.jpg


この柴君、相手がどんなに大きくても向かっていく、というか遊んで欲しい。
かなりゴールデン君にやられちゃってましたけど、それでもめげない。

2012121514140000.jpg

今日は2頭だけということもあり、中身の濃いお勉強となりました。
宿題は、フードの食器に手を入れても大丈夫なようになるために
食器を2つ用意して食べてる途中で交互に入れ替えるというものでした。
早速やってみたら問題なくできたので、多分これはすんなりクリアできると思います。
問題は、急なハイテンションの前兆を見抜いてクールダウンさせることだけど
これがなかなか難しいと思います。

地道な練習の積み重ねは、犬のしつけもランニングも同じなんだなあ。

慣れない事をすると
DSC02980.jpg

寒くなってきたので、庭の夏みかんがだいぶ色づいてきました。
でもまだ完熟には時間がかかります。
この前の冬はマーマレードを作るような心の余裕がなかったので
ほとんどを絞ってジュースにして飲んでしまいました。
今年はまたいつものように作れそうです。


DSC02982.jpg

近所の人からハイビスカスをもらってきたのですが、戸外ではとても越冬できないので
鉢植えにして玄関に置いてあります。(すごく邪魔だけど)
ある日、その中の1本がこんなことになっていました。
犯人は。。。。。。。



        ↓
        ↓
        ↓


こやつです。

DSC02641a.jpg


朝「早く起きろ」と咆えまくり(5時半はまだ真っ暗だってば)
無視して寝てると、私の靴下やら自分の毛布やらを咥えて振り回して暴れるし。。。
だんだんワガママになってきたじゃないのカスター君。
明日はまたしつけ教室だからね。


ところで、突然ですが着物生活を始めようと思い立ち、
いろいろ準備をしていたのですが、習いに行く前に自分でもやてtみようと思い
動画を探して、それを見ながら何とか着物を着てみました。

ああ、疲れた。
特に帯を結ぶのなんてものすごく大変。
1時間以上もかかってやっとこさ終了して、鏡で見てみたらガックシ。
当たり前です、慣れてないから。
地道にコツコツと着るしかないです。
でも、ポイントとかコツとかあるのでやっぱりセンセに教えてもらいます。

小型犬に囲まれる
先日、カスターのしつけ教室第1回目に参加しました。
動物病院が開催しているもので、3~5頭で行われます。
ドッグトレーナーのセンセは女性で優しそうな方。
他に補助として看護士さんが3名つきます。

カスターは犬同士遊ぶということはあまりしませんが、特に喧嘩したりの
トラブルになったことはありませんし、挨拶もできます。
ただ、あまりにしつこく臭い取りをされて逃げ場がなくなった時
「大丈夫だから、この子は喧嘩しないから」などと油断しては決していけないと
常々思っています。
犬なので、本当のところは犬にしかわからないし、特にカスターのことは充分に
理解できているとは思っていないので。

今回は全部で5頭、ボーダーコリー、トイプードル、ワイヤーダックスフント、
チワワ、ウェスティという犬種が全く違う子達です。
しかもカスター以外は全て小型犬。
今までカスターよりも小さい犬と遊んだ事があるのは柴犬くらいです。
元々カスターはボーダーコリーの中でも小柄なほうなので、
ボーダーコリーだけの集まりでもひときわ小さいのがカスターでした。
ラブとかゴールデンの子達と遊んだことはあったけど。

教室は1回目なので基本中の基本から始まりました。
10分くらいの練習をして、犬が飽きないように途中でリラックスタイムがあります。
この何回かの休憩の時にオフリードにして犬を自由にウロウロさせるのですが
カスターが突然スイッチオンになってしまい、飼い主さんやセンセや看護士さんに
遊んで遊んでとはしゃぎ回りました。
その直前に、実技のモデルとしてカスターをセンセが使った時に
「ボーダーコリーはIQが高いので覚えるのがとても早いです」
などと言われていたので、私はメチャクチャ恥ずかしくて小さくなっていました。
いや、ボーダーコリーにもいろんな子がいるんですけど。。。。。
こういう突然スイッチオンで収拾がつかない状態を何とかやめさせたいのが
今回参加した一番の目的だったので、それが皆さんに理解してもらったことだけは
間違いないようです。(--);

そして、次の休憩タイムの時、ちょっとしつこいかなあと思っていた子に
においを嗅ぎまくられて隅っこに追いやられ、背中をまあるくして困っておりました。
お前はボーダーコリーなんだよね。
「カスター君って優しいねえ」って言われていたけど、それでいいのかなあ。

今回は私が余裕が無くて写真を撮るのを忘れていました。
次回はちゃんと面白い(^^ゞ写真が撮れると思います。

もう来ないでね
先月タヌキ捕獲作戦成功してやれやれと思って3週間ちょっと経ちました。
んがっ、
また現れました!!!

tanukiDec0412a.jpg


今度は朝早くです。
カスターの散歩から帰ってきたら(家人が)また玄関近くをウロウロしてるのを発見。
動きが緩慢で頭には大きなハゲがあり、身体がブルブル震えてる。
って、また同じじゃないの。
よっぽどお腹が空いてるのか、もう憔悴しきった様子なので、また治療が必要です。

今回は平日だったので市役所に連絡してアライグマ捕獲用の檻を借りました。
保健所や区役所に電話してもダメで、結局市の環境事業局の対応となりました。
しかも野生動物なので許可証を発行しないといけないとか何とか。。。。

DSC02978.jpg

市役所の人達が帰ったあと30分ほどして、捕獲器の中に置いた餌を食べている隙に扉を閉めて捕獲成功!
その後動物園に運んで治療をしてもらうことになりました。
先月のタヌキも同じ動物園に行ったので、どんな様子か気になっていたので聞いたところ
元気にしているそうです。
そしてもう一つ気になっていた事、元気になった後はどこで暮らすのか?
答えは「元いた場所に戻す」のだそうです。
やっぱりそうか、野生動物だから。
それならば不妊手術をしてから戻してくれればいいのに、地域猫みたいに。

横浜市内の大きい公園は多くがタヌキの生息場所だそうです。
うちの近所の公園はそう大きくないのですが、木が鬱蒼としていて自然豊かなところで
タヌキが生息していると新聞配達のお兄さんが言ってました。
そこを今整備工事しているので、居住地を追われたのでしょうか。

2012052412270000.jpg

多分この辺りが生息地域?

でもねえ、もううちには来ないで欲しい、たぬきさん。
あなた達は疥癬に罹っているかもしれないから、その辺りを掃除して消毒して
犬散歩は裏口から出入りして、それはもう疲れるのよ。
2回も来たからもういいでしょう?

半年前
DSC02962.jpg

半年以上前の5月5日、ゴールデンウィーク最後の祝日に私は東京・青山の国連大学前の広場にいました。
その時はまだ心にいっぱいに喪失感を抱えたままで、もう二度と犬を飼うことはないと思っていたのに
何かに導かれるようにこの場所にいました。
そこではいつもの青山ファーマーズマーケットが開催されていて、その一画にBCRNのブースがありました。
見たくないと思っていたボーダーコリー達、でも見たいという矛盾した葛藤。
そのワラワラと楽しそうにしていたボーダーコリー達の中に、その日のただ1頭の里親募集犬が
カスターでした。
今でもその時のことを思い出すと、懐かしいけど哀しい複雑な気持ちになります。

あれからもうすぐ七ヶ月経ちます。
カスターがうちの子になることになった記念の場所に立って見ました。
感慨深いです。
あの時の賑わいがず~っと昔のことだったような気がしました。

DSC02961.jpg

隣の建物は「こどもの城」
もうすぐ解体されるそうです。
これがなくなるのはちょっと寂しい。
青山のランドマーク的な存在だったし。

DSC02974.jpg

このすぐそばのダイヤモンドビルで「グループ匠美展」が開催されたので、お手伝いに行って来ました。
女性伝統工芸士の方たちの展示会です。
3日間という短い期間ですが、盛況でたくさんのお客様が来ていただきました。
今日が最終日なので、もう少し早くブログアップすれば良かったかしらんと今頃思いました。

日本の伝統的な工芸品ですが、もちろん毎日使ってこそのものだと工芸士さんは皆さん仰います。
見ているだけで、時間をかけて手仕事の丁寧さが伝わってきます。
それぞれの分野のプロの技です。

あれもこれも買いたいけど、お財布の中身がいくらあっても足りないのですが
少ない予算の中から一生懸命選んだものを大切に使うのは心の栄養になる気がします。

DSC02975.jpg

お客様は着物姿の方が目立ちます。
私も着物をそろそろ普段で着られるようにしようかなあと、この展示会に来るたびに思います。


DSC02969.jpg

母とお弟子さんの作品です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。