プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢へ(後半)
10月21日は「米沢おしょうしなハーフマラソン大会」に参加しました。
そのときのランレポ・結果はこちらです。

翌日はフリーだったので米沢観光の日。
朝から犬をディスクで遊ばせ、目的がなくあちこち車で回りました。

DSC02910a.jpg

古い造り酒屋さん。
入り口はお酒の香りがプンプンしていました。


DSC02907a.jpg

そうだ、米沢駅に行こう!
ということになりましたが、これは米沢駅から伸びた通り。
電柱がないのでとてもすっきりしています。


DSC02911a.jpg

これは滝の下にある天然の露天風呂。
米沢の西吾妻山 天元台の山奥にある秘湯「高湯温泉」です。
スキー場の入り口(ロープウェイ)からさらに未舗装の道を上ります。
この露天風呂、お湯に浸かってるときはいいけどそれ以外はメチャクチャ寒いはず。


DSC02917a.jpg

某NHKのドラマ「天地人」で有名になった米沢ですが、上杉神社の入り口には直江兼続の像もありました。


DSC02932a.jpg

その後またディスクで遊んで、宿泊している「小野川温泉」に帰ってきました。
このすぐそばを流れる大樽川は最上川の源流で、夏はホタルがたくさん飛び交うそうです。
でも夏にはまだ来たことがない。


DSC02934a.jpg

この宿は温泉旅館なのに犬同室OKのところです。
建物は古いけど、専用の庭もついて部屋には温泉もあります。
そして米沢なのでお料理はもちろん米沢牛!!!
この日はすき焼き、前日はしゃぶしゃぶでした。
お肉は言う事なしの霜降りで美味。
いつも食べすぎる。

DSC02935a.jpg

去年は震災の二ヵ月後に来て、お客さんが少なくて胸が痛みました。
でもがんばってる東北に皆さん遊びに行きましょう!!

スポンサーサイト
米沢へ
山形県の米沢市で開催された「おしょうしなハーフマラソン」に参加しました。
マラソンを挟んで4泊5日の長い旅行となりましたが、いろいろと収穫のある
楽しい旅行となりました。

DSC01858.jpg

もちろん犬連れですが、やたらと広い芝生が目に入るのでその度にディスクで遊ぶことになりました。
一体何箇所で何回遊んだのかもうわからなくなるほどたくさん遊びました。

DSC02877.jpg

今回もまた「只見」に行きたいという家人の希望。
本当に自然豊かで、人が少なくてなあんにもないところ。
泊まるところもなかなか確保できないのであります。
現在の只見線(鉄道ファンにはたまらない路線)は未だに全線開通していませんでした。

マラソン大会の前日、米沢の某こども広場で犬友達と楽しく遊んで大満足の犬と飼い主。

DSC02886a.jpg
 ↑ 初めて会ったゴールデンのR君と黒ラブのPちゃんと楽しくボール遊びするカスター。

DSC02891a.jpg
トリャ~!! 
特にPちゃんとボールの取り合いをするのがすごく楽しかった模様。
何回もぶつかったけどへっちゃらな2頭。

DSC02893a.jpg
 休憩で水を飲むのも一緒。


DSC02898a.jpg
R君とPちゃんはボールの取り合いでは5分の勝負なので、カスターは行司役。

DSC02904a.jpg
その後みんなで展望台に上って休憩。
米沢の町が一望できてきれいだった。

とてもお名残惜しかったけど、翌日のマラソン大会のことが気になるので早めに解散。
次回はマラソン大会じゃないときにまた来ようと心に誓うのでした。

つづく。。。。

ブリーダー崩壊
このことを聞いたとき、とてもやるせない気持ちになりました。
ボーダーコリーのブリーダーのオーナーが病気になり、犬達の世話ができなくなり
保護団体に救援を求めたそうです。

ニンゲンは誰しも病気になったりケガをしたりする可能性がありますので
それ自体はお気の毒と言う他はありません。
ただ、そういう可能性を考えて、動物の繁殖を生業としていたのではないのでしょうか。
主だった人が倒れたら補佐をする人だけでは世話をするのは難しいのかもしれません。
でも、24時間態勢で世話をしなければいけないブリーダーの仕事は
元々多くの人出が必要なはず。
見てきたわけではないので勝手なことを言っているのは自覚しています。
ただ、どうしてこういう事態がアチコチで何度も起こるのか。

しかももっと腹立たしいのは、ブリーディングを行うならば
犬に関する知識は相当のものを持っているはずの人が、どうして成犬達にパピーフードを与えていたのか。
そして、健康なコドモを産ませるためには健康な母体(もちろん父親も)が必要なはずなのに
運動をちゃんとさせていなかった様子がうかがえる。
犬や猫のブリーダーの資質を問うような資格審査というものは日本にはないのでしょう。

もちろんきちんとした環境と知識を持っているボーダーコリーのブリーダーを知っています。
ボーダーコリーにとっては命に関わる病気CL(セロイドリポフスチン症)のDNAテストを
ちゃんと行っているそうです。
でも残念なことに多分こういうブリーダーさんは数が少ないのでしょう。

ただ、こうやって腹を立てていてもそこで飼われていた犬達には何の罪もないし
もっと極端な言い方をすれば被害者(犬)とも言える。
救ってやりたいと思うのは誰でも同じ。
もうコドモなんて産まなくていいんだからね。
ただ元気で遊ぶだけでいいんだからね、君達は。

これからは普通の犬として幸せに暮らして欲しいと願います。

BCRNより緊急のお知らせ
痛くない麻酔
歯医者さんからまた招待状が来ました。(笑)
歯のクリーニング&検診が済んで3ヶ月経つと定期的に届きます。
ちょうど下の歯でちょっとギザついてるのが気になっていたので早速行きました。

気軽にまたクリーニングだけで済むだろうと思っていたら、レントゲンを撮られ
「少し虫歯になってますね。削った歯なので薄くなっていたので少し割れています。」
と言われて、かなり焦りました。
先に治療しますか?それとも今日は心の準備ができてませんか?
と聞かれたので、少しだけ躊躇して「先にクリーニングしてください。」
と思わず答えてしまいました。

帰宅してからそのことをものすごく後悔してしまいました。
こんなに嫌なことを先延ばししてしまったら、あと2週間も嫌だ嫌だと思って過ごさなければならない。
やっぱり先にやってしまおう!
ということでクリーニングでの予約を治療の内容に電話で変更してもらいました。

それでもやっぱり歯の治療は怖いし、痛いし嫌だ嫌だ。
麻酔の注射はどうしてあんなに痛いんだろう。
そういえば前回治療したのはいつだっけ。

名前を呼ばれて診察台に座って、いざセンセに「おはようございます」と挨拶されただけで
もう心臓バクバクで心拍数や血圧は一気に右肩上がり。
しかも運悪く私は首の具合が悪く、上を向いたり首を反らしたりができない。
そのことを告げると、「じゃあこのままでやりましょうか」と言って始まりました。
目の前には歯のレントゲンが写ったPCの画面がありそれに自分の顔が映って見える。

いよいよ麻酔の時になってもう心臓バクバク。
そのPC画面には何やら青い光が点滅してるけど、あれは何?
センセの手元を見ると、まるでガンダムの武器みたいなピストル型の注射器。
そのお尻がピカピカ青く光ってる。
あれ?痛くないよ。
針が細いの?
何度も何度も注射針が刺さっているのはわかるけど、痛くない。

そして私のワガママで座位のままで注射が終わったのですが、
どうもセンセは変な姿勢になりとってもやりにくそうなので、
やっぱり椅子は倒してもらいました。
手元が狂っても困るし、センセの腰が痛くなっても困るので。
削っている間は何度も「大丈夫ですか?」と聞かれました。
こうして無事に治療は終わりました。

帰宅してからそのピストル型の注射がとても気になったので調べてみました。
歯科麻酔用電動注射器
以前のものよりも針が細く、一定の量の麻酔液をゆっくり注入できるのだそうです。
そういえばインスリンの注射針もほとんど痛みを感じないくらい細くなったし。
医学の進歩、技術の進歩は本当に目を見張るものがあります。
今の時代に生きてて良かった!
そして、親切な歯医者さんで良かった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。