プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険証が届いた
DSC02738_crop.jpg


アニコムの保険証が届きました。
年齢不詳なので、以前推定年齢を出してくださった獣医さんに
アニコムから問い合わせが行った模様ですが、無事に6歳ということで
保険証が発行されました。
これは生命保険ではなく健康保険なので、病気や怪我で動物病院を受診するときに
費用の3割負担で治療を受けられます。

これが無駄になりますように。
ちょっと高いかなとも思ったけど、ニンゲンのはもっと高額な保険料を払ってるんだから
まあヨシとしなくちゃ。

DSC02736.jpg


カスターは年の割には遊びすぎ(動きすぎ)のようで、外から帰ってくると
心臓バクバクがなかなか治まらなくてちょっと心配。(心配性な飼い主)

昨日も夕方の散歩の後呼吸が荒いので、保冷剤をタオルにまいて頚動脈あたりを冷やしました。
脇の下も冷やそうとしたけど、嫌がってじっとしていないので、しかたなく首だけ。

そして飼い主(♀)は相変わらず朝ランを続けておりますが、
何だかムキになって200キロ目指して気がするけど、あと3日だから。
これだけ暑さに慣れたら熱中症になりにくいかな。
もちろん水分補給と昼寝は必須です。

スポンサーサイト
懐かしい
先代のボーダー、ビターは2000年の12月に我が家に来ました。
その頃は今のようにボーダーコリーという犬種があまり認知されていなかったので
まだ「雑種ですか?」と聞かれたりした。
ビターがうちに来て初めて会ったボーダーコリーはジャッキ~というとてもハンサムボーイで
ディスクの大会でよく表彰台に乗っていたらしい、憧れの犬だった。

そのジャッキ~がビターよりも早く亡くなっていたのを知ったのはつい最近のこと。
何年も会わなくなったけど、どうしてるかなあ、元気かなあと時々思い出していた。

今日、義母のグループホームで家族会があったので、私が参加している間
家人とカスターは近くの公園を散歩していたら、興奮した様子で家人が電話してきた。
「ホラ、あの人。あのボーダーコリーの。。。!」と言ってることがよくわからないけど
お茶会がまだちゃんと終わっていないのを中座して公園に飛んでいった。

アジリティの練習をしていたそのボーダーコリーは、ジャッキ~がまだ元気な頃に
迎えた子だった。以前まだパピーだった頃何度か会っていたのですぐわかった。
その向こう側で係留されてワンワン吼えてる(私も早くやらせてよ!)のが
3頭目の女の子だった。
とてもスレンダーなのは、この子もアジリティーやフライボールをやってるからだな。

しばらく邪魔をしないように見ていたけど、多分変な見物人と思われたかも。
で、今度は気分転換みたいにディスクをやり始めたら、カスターがリードを振り切って
突進してしまった!! ああ、またやっちゃったよ。
家人は、ごめんなさい、申し訳ないといいながら追っかけたけど間に合わず
カスターはその子が咥えているディスクを横取りにかかった。
人のものをとるのはやめなさい>カスター

結局練習を中断させてしまって、向こうは気がついたらしい。
しばらくお話しをして、カスターのことも紹介した。
もちろんBCRNのことはよく知っているとのことでした。
あれから10年以上の歳月が経ったのだと思うと、とても感慨深いものがありました。
犬を飼ってると、皆楽しい日々を過ごすけど、とても辛い経験も伴う。
それがわかっているから、多くを語らなくてもお互いの気持ちがわかる。

ジャッキ~、君に会えて良かった。


猛暑ですね
数日前から猛暑になりましたが、なぜか暑い時期にはよく走るという
変な傾向があるワタクシであります。
でもさすがに今日は暑かった!
首に巻いた氷入りのバンダナはすぐにただの濡れた布となり、風はあるけど湿度が高く
気温は朝8時すぎにはすでに30℃に達していたと思われます。
10キロを普通は1時間ちょっとでゆっくり走り終わるのに、途中からお腹が痛くなり
(のような気がして)トイレに寄ったり、途中で何度も歩いたりして1時間40分もかかってしまった。
多分5時起きして1時間犬の散歩をした後だったので、疲労をひきずっていたのかも。
DSC02716.jpg

写真は先週のパッションフルーツですが、だんだん重たくなって枝が垂れ下がってきました。

DSC02717.jpg

貴重な2個ですが、左側の方はあまり大きくなりそうにありません。
花の大きさも右側の方が一回り大きかったので、比例するのでしょうか。
全体的に産毛に覆われています。
いつになったら赤紫になるのかなあ。

DSC02711a.jpg

2週間ほど前のこと、暑くなる前にボーダーコリーのお友達と遊びました。
皆が集まる前にカスターは一人で興奮してドリブルしていました。
相変わらずボールを見ると他のワンちゃんには興味を示さず。
せっかく遊ぼうってしてくれたのに。

DSC02710.jpg

ところでカスター君、後ろ脚が何か変じゃないですか?
パッションフルーツの実と愛犬の友
パッションフルーツがついに実をつけました。
苦節3年、花が咲いただけでも大喜びですが、その日にすぐ筆で人工授精をしても
いつも失敗していました。
今は緑色の小さな実が二つ生っています。

DSC02701a.jpg


6月25日発売の「愛犬の友」最新号はボーダーコリー特集なのですが、
その中でBCRNが取り上げられていてそのトップにカスターの写真が載ってます。


aikennotomo.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。