プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命をいただく
img002_crop.jpg

私の祖母はクリスチャンでした。
小さいときの記憶では、普段はあまり食事は作らないのですが、
クリスマスの時にはチキンの丸焼きを作ってくれました。
中にはジャガイモやたまねぎが詰めてあって、それはそれは
おいしいものだったので、いつもクリスマスが楽しみでした。

家は農家ではなかったのですが、祖母が畑で野菜を作っていました。
びわの木があって、季節になるとびわをたくさん食べました。
お花もいつもきれいに咲いていました。
鶏やジュウシマツがいました。

ある日、私は見てしまいました。
祖母がバケツに鶏を入れて、羽をむしっているのを。

それがクリスマスのご馳走になったのがわかって、私はどう
思ったのか、 実は記憶が飛んでいます。
その後鶏肉が食べられなくなったなどということはなく、
現在に至って いるということは、自分の中で気持ちの折り
合いがついていたのでしょうか。
小学生の時のその光景は今でもはっきり目に焼きついているのに、
不思議です。

私たちは毎日の食事で動物性のたんぱく質をとっていますが、
今はほとんど パック詰めになっていて、魚以外で元の姿を
とどめているものはありません。
だから鈍感になっているのでしょう、他の命をいただいて
人間は生き長らえているということを。

かなり前ですが、TV番組でドイツの農家、ドイツの食文化を
取り上げたのを見ました。
家族で大切に育てた豚を、食用にするために家族全員で処理
(つまり殺す)し、 全てを余すところなく大切に皆の食卓
にのせていました。
「血のソーセージ」というのがあることは知っていましたが、
これも 大切な豚の命の一部を無駄にしない食べ方なのだと。

私は宮崎に親戚がいるわけでもなく、親しい友人がいるわけ
でもありません。
それなのに、なぜこんなに宮崎の牛や豚のことが気になるのか、
そしてその牛や豚を育てる畜産農家のことが気がかりなのか。
最近やっとわかってきた気がします。

畜産農家の方や獣医さんの生の声を聞くことによって、自分が
他の命を いただいて暮らしてきたということを。

川南町の「ムッチーさん」の牧場のブログです。

川南町の獣医さんのブログです。

スポンサーサイト
CM
宮崎を応援しています。



再び、宮崎の口蹄疫・タオルとか
毎日のようにニュースで取り上げられている宮崎の口蹄疫被害ですが、
種牛49頭についても殺処分を決めたと昨日知事が会見していました。
そしてその中の2頭についに口蹄疫の発症と見られる症状が出たそうです。

**********************************

「種雄牛49頭殺処分へ」

2010年05月28日
東国原知事は28日、殺処分対象となりながら経過観察していた県家畜改良事業団(高鍋町)
の種雄牛49頭のうち2頭から、発熱や水ほうができるなど口蹄(こうてい)
疫特有の症状が出たことを県議会の全員協議会で明らかにした。 
その上で知事は49頭について「近日中に殺処分することになる」とした。

記事はこちら


*********************************

非常に残念ですが、やむを得ないことだと思います。
エース級の種牛5等は隔離飼育されていて、今のところ検査では
陰性だとのことで、さらに検査して感染が確認されなければ、
「助かる」可能性が出てきました。

私は畜産のことは全く知りませんでしたが、いろんなところで情報を
集めているうちに、種牛がいかに貴重で、畜産にかかわる人たちの
努力の結晶であるかということがだんだんわかってきました。

では他の牛や豚はどうなのかというと、人間に食べられて、血となり
肉となることによって、彼らの一生は意義のあるものになるのだと
ある意味人間の勝手な理屈ではありますが、私はそう理解しています。
だから、そうなることなく死んでいった何万頭の豚や牛たちのことを
思うと、本当に無駄死にだったのかと悔しくてなりません。

ところで、この殺処分の作業をしている方たちは毎日毎日汗だくに
なって何時間も辛い作業をしていらっしゃるのですが、
その方達が作業が終わったあとに使うタオルは、全て使い捨てとなります。
そのタオルが足りないという現場の声を聞いて、複数の方がボランティア
としてタオルを収集し、使いやすいように仕分けして現場に運んで
いらっしゃいます。

その方のブログはこちらです。
踊る宮崎大捜査線

現地にボランティアに行くことができませんので、私は過日
2回に分けて、別のところですがタオルを送りました。

今、二次募集をしているので、もしもおうちにタオルがありましたら
ぜひご協力をお願いいたします。
あと二ヶ月は作業が続くそうですが、これから梅雨に入ると(九州は
早いので)タオルがもっと必要になると思います。

どんなタオルがいいのか、どうやって送ればいいのかなどはこちらで。

動画で詳しく説明してあります。

もしもこのウィルスが形を変えてさらに感染力の強いものになる
可能性はゼロではないので、遠く離れているから大丈夫とは
言えないと思います。
人ごとではなく、この危機的な状況を一刻も早く終息に向かうように
多くの方にこのことを知っていただきたいと思います。

パッションフルーツの苗を植えました。
DSC01700_crop.jpg

15年ほど前から数年、毎年奄美大島に行ってました。(某大会参加)
そのときに初めてパッションフルーツを食べて以来、大好き。
時々奄美の友人から送ってもらったりしていましたが、
今では音信普通になり・・・。

少し前にマイミクさんがパッションフルーツを庭で育てているのを見て、
関東でも栽培可能なのだと思うと、もはや頭の中はパッションフルーツに。
早速、パッションフルーツの中にある種を蒔いてみたのですが、
一ヶ月経っても変化なしで、カビが生える始末。

どうしてもあきらめきれずに、ネットで育て方を調べたりして、
そろそろ苗の植え時だと思い、近くの「サカタのタネ」の大型店舗で
探したところ、ありました!!
沖縄産のパッションフルーツの苗が!!

植えてみたのですが、今日は風が強くて、根っこがまだ定着していないので
倒れてしまわないか、心配で何度も見回りしています。
それならば風が当たらないところに移せばいいかと、持ち上げようとしたら
動かないくらい重たい。
ぎっくり腰になるのはいやなのであきらめました。

大きくなって、夏にはグリーンカーテンになるといいなあ。

宮崎は熊本の隣です。
* mixiと同じ内容の日記です。*

6月初めに開催される「阿蘇カルデラスーパーマラソン」に2005年
から参加しています。
最初は一回出たらやめるつもりでした。
でも、阿蘇の外輪山の美しさと、上から見たパノラマに圧倒され、
結局またあのハードなコースを何度も走ることになりました。

いつも犬連れだったので、スタート地点からは少し離れた犬OKの
ペンションに泊まっていました。
どこを見ても緑、地元の人は皆おおらかで親切です。
スタート会場に向かう途中に、「→高千穂」という標識があり、
それを見るたびに、「宮崎は近いんだなあ」といつも思っていました。

今年も参加したかったのですが、犬の病気のこともあり、今年は
申し込みをしなかったので、友人が参加するのを聞いてちょっとうらやましかったです。

ところが、その大好きな大会が今年は中止になりました。
大会のHPを見たら、ギリギリまで開催するかどうかの話し合いが
持たれたようです。
地元のボランティアや協力者の中には畜産農家の方が多く、
宮崎県で被害が拡大している口蹄疫の対応に追われる中、マラソン
どころではないというのが最大の理由ではないかと思います。
また、マラソンの大会による人の移動によってさらに被害が
広範囲になる可能性もあり、中止はやむを得ないという判断に
至ったそうです。
苦渋の決断だったと思いますが、驚いたのは参加者に全額返金を
実行委員ほぼ全員一致で決めたことです。
そして、一人ひとりに電話連絡を取っているとか。

私は毎年宮崎に行っていたわけではありませんが、詳しく調べるうちにもう他人事ではいられなくなりました。
高千穂は中学の修学旅行で行ったっけ。
そういえば九州一周だった。

日本の数あるブランド牛の種牛が宮崎の牛だったと初めて知りました。
いや、ブランドの種牛がいるから応援するのではない。
どの牛や豚も同じ。
初期の対応がちゃんとしていれば、20万頭もの牛や豚を殺すことはなかったのに。
しかも国はそれを県や市の責任にしている。

まだ発症していない元気な牛や豚も、感染地域内10キロだから、ワクチン
を打ってから全て殺すのを見なければならない畜産農家の人の気持ちを
考えると、何かせずにはいられない衝動にかられております。
実際、微力ですがいろいろやっておりますが。

本当は現地に行ってボランティアとして働くのが一番いいのはわかっていますが、
現実問題としてそれは不可能なのです。
そしてそのボランティアの中で一番不足しているのが、殺処分した
牛や豚を埋め立ての場所に運ぶ仕事だそうです。
一番辛い仕事です。
多分私にはできません。

少しでも多くの人にこの重大さを知って欲しくて、日記に書きました。
何事も知ることから始まるのだと思いました。

宮崎県のサイトです。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html


犬とふれあうと
昨日、母の日には一日早いのですが義母が暮らすグループホームへ行きました。
今日はとてもいいお天気で、湿度が低く風がそよそよと吹いて
本当に気持ちの良い日でした。

部屋に行くと義母は留守でした。
スタッフの方が「お庭でお茶の最中ですから、ご一緒にどうぞ」
と言ってくださったので、私だけ仲間に加わりました。
その間家人とビターは近くを散歩していました。
建物の中には動物は入れないことになっているので、いつもこうやって
散歩をさせてから、車でビターを待たせています。

でも、今日は中庭だからいいかなあと思い「犬もいいですか?」と聞くと
「どうぞ、どうぞ」ということなので急いで呼び寄せました。

このグループホームは1ユニットに9人が暮らしています。
向かいあわせに二つのユニットが建ち、真ん中がお庭になっています。
ちょうど芍薬がとてもきれいに咲いていました。
クリスマスローズがまだきれいな状態で何株もありました。
他にもたくさんのお花や、中にはパセリも。
いつも皆で庭の手入れをしているそうです。
このグループホームのコンセプトの一つに「土に触れる」というのがあります。

3人の入居者の女性(一人は義母です)とスタッフの方とで4人がお茶していました。
そこへビターを連れて行くと、皆がとても喜んで歓声が上がりました。
4人とも犬が大好きなんだそうです。
特に一人は「うちには3匹、犬を飼ってるのよ」
しばらくすると、それが5匹になっていましたが。

家人はだんだん興に乗ってきて、「右、左」とか股歩きとかを
披露していたら、その笑い声を聞いて少しずつ人が集まってきて、
皆でおやつの時間が始まりました。

本当になごやかに時間が流れている感覚でした。
ビターはセラピードッグの訓練を受けた犬ではもちろんありません
ので、最初は落ち着きが無く、最初は皆が撫でてあげようとしても
なかなか近づくことがなかったのですが、
時間がたつにつれて一人ひとりのところへ行って、撫でてもらう
ようになりました。

皆ずっとニコニコ笑っていて、それを見ているこちらまでニコニコ。
ああ、これが癒しなのか。

ホーム長さんまで現れて「うちにはフレンチブルがいるのですが、
ボーダーコリーを本当は飼いたかった」と。(笑)

ビターが元気でいてくれたから持てた、温かい時間でした。

写真がないのが残念です。

ご参考までに「国際セラピードッグ協会のHP」はこちらです。

http://www.therapydog-a.org/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。