プロフィール

ハニーJ

Author:ハニーJ
ビター(ボーダーコリー♂)は13歳の誕生日に虹の橋へと旅立ちました。
映画を映画館で見ることと、走ることが好きです。

2012年5月にカスターが新しく家族になりました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

菴羅樹日記
映画のことやあれやこれや・・・・
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何ヶ月ぶり?
映画館に行けない日々が続いていましたが、先日数ヶ月ぶりに
懐かしい(笑)映画館に行きました。
もうすぐ上映終了という映画だったので、お客さんはスカスカ。
しかも月曜日で、何の割引もない日だし。

特にものすごく見たかったわけではないけど、他に目ぼしいものが
なかったので、「レッドクリフ」にしました。

「三国志」のお話しですが、あのジョン・ウー監督なので見る前に
「まさか英語なんてことはないよなあ」と心配していましたが、
出てる俳優さんはほとんど中国人(一人だけモンゴルの人あり)で
ちゃんと中国語なので安心しました。

私は「三国志」を読んでいないので、登場人物の構図がわからないのではと
心配しましたが、このパート1では場面が切り替わるたびに
一々人物の名前が出てきて、そこんとこは監督も観客に配慮してるみたいでした。
トニー・レオンは思ったとおりの役です。
いつもこの人を見ると思い出すのが、中井貴一さん。
似てます。

戦闘場面が多いので、血がドバドバ出てあんまり気持ちの良いものではありませんが、
ふと冷静になって考えてみると、この時代の戦争は一対一での殺傷なので
大量殺人兵器が登場してからのそれに比べると、変な言い方かもしれませんが
人間臭い戦争で、時間がゆったり流れている気がしました。
金城武はかの有名な諸葛孔明役で、多分はまっているのだと思います。

要は本当の面白い山場はパート2へ持ち越しという感じでした。
2時間15分の長さを感じさせない、さすがジョン・ウーです。
ってことは、どうしても4月にパート2を見なきゃいけないってことです。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。